読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきまくり

マイヘアもどんどん大きくなってて

わたしも負けずにどんどん大きくなりたい

 

って思っていたのにさ 椎木知仁ポリープだって やめてくれよ 

 

 

12月まで走り抜けるって

でもやっぱり心配だ

15日、しっかり目に焼きつけときたい

 

 

4月の自分はどんなだったかなぁってFacebook振り返ってみた

 

今日は先生と面談した

泣いた
悔しい
負けたくない
腹が立つ
嬉しい
悲しい
情けない
愛おしい
虚しい
寂しい
もったいない
自分
意志
お金
学力
情報
先生
友達
時間
努力
思考
理論

とかもう全部

 

 

 

たまに、死ねって思ったりするけど、実際死んでほしいわけじゃなくてわたしの中から消えてほしいだけです

 

もう周りに頼るしかできないのが
知ってる世界が狭すぎるのが
泣くしかできないのが
書くしかできないのが
友情なんてたかがそんなもんなのが

ああもう知らなさすぎ
浅すぎ
ぬるすぎ
変わらなすぎ
馬鹿すぎ
無神経すぎ
子供すぎ
動じすぎ

クソワロとしかいえないよう

っていうおはなし

マイヘアもどんどん大きくなってるから
わたしも負けずにどんどん大きくなる

 

 

 

 

 

大きくなる とは

 

この間、無事に18歳になれたけれど

 

 

年はとるんだわ

歳だけとるんだわ

 

 

 

 

 

この3年間、というか今まで生きてきて

 

自己顕示欲と承認欲求と現実逃避と自己満足だけで突っ走ってきたんだと思う。

心のホントの奥底には自分の意思っていうものがなかったんだと思う。

 

幼稚園や小学校や中学校ならそれでもうまくやってこれたけど、高校はそうぬるくなかったんだなぁ、って

 

 

だから学校サボったり、遅刻したり、あるいは家のことがちゃんとできなかったり。

そういう当たり前の事がちゃんとできなくなったのも、もともと私に意志がなかったからなんだろうなぁっておもった。

 

 

 

思ったからどうなるわけでもないんだけど、それでも大きな気づき。

 

 

Facebook用にまとめたよ

 

この間、人権講演会で
自尊感情には2種類ある」
というお話を聞きました。

 

 

一つは “社会的自尊感情
誰かに認められたい、褒められたい、好きと言われたい、偉いと言われたい、かっこいいかわいいと言われたい
というような感情のこと

 

 

もう一つは “基本的自尊感情
このままでいい、生きていい、自分は自分だと認める
人との比較ではなく、絶対的かつ無条件かつ根源的で永久性のある心の基礎を支える感情のこと

これら二つをうまく両立させることで、人は生きていけるのだと。講師の方はそうおっしゃっていました。

これを聞いて、なるほどなぁと思ったのと同時に自分のダメだったところが見えてきて

 

 

 

 

自分は今まで生きてきた中で
社会的自尊感情ばかりに気を遣ってきたんだなぁということ。それが自分の中心だったんだなぁ、ということ。
そして、基本的自尊感情が高校に入って全くなくなってしまっていたんだなぁということ。自分を貶すばかりしていたなぁ、ということ。

 

認めてもらいたいから
褒めてもらいたいから
好きと言われたいから
偉いと言われたいから
1番でありたいから
その気持ち だけ でいろんなことをやってきてたんだなぁって今更になって思いました。
自己顕示と現実逃避と自己満足と承認欲求のかたまりでした。

 

いろんなことに迷って、悩んで立ち止まっているうち、日に日にこのかたまりが雪だるまのように大きくなっていました。

 

その雪玉の核の部分を見てみると、
自分自身が持っている意思 とか 自分は自分だと認める気持ち
という心の基礎が限りなくゼロに等しかったのだということも。

 

だから、大きく大きくなった雪玉は、何かにぶつかるとすぐに崩れて壊れてしまっていました。
そこからまた新しく作り直すのがひと苦労で。

 

多分私はこの作り直す作業をひたすら繰り返してきただけなんだろうなぁと思いました。

 

 

 

 

これに気づいてみて、今まで悩んでたことが、ああ、そうかぁ。って全部納得できました。
お母さんに「人の前だけでええ格好せられな」って耳にたこができるほど言われてきた理由もわかりました。

 

中学校くらいまでならこういう考え方だけでなんとかやってこれたんだと思います。
雪玉がどこにもぶつからなかったから。
他人に見栄ばかりはって、偉そうにして。調子に乗って。

 

でも、これからの私はそうはいかないし、いっちゃだめだと思います。
(こういう考え方でうまく世渡りできる人も大勢いるのだろうけれど)

すごく大きなことに気づけた講演会でした。

 

雪玉の画像を探していたけれど、なんだかぴったりな
“雪まくり”
という現象の写真を見つけてしまいました。
真ん中が空っぽなのに、周りだけどんどん雪が巻きついていく感じ。

f:id:pencil_dog:20161204211130p:image

 

雪まくりのような自分の気持ちに気づけた今からです。
センターも近いけれど、改めて。

 

 

 

 

 

オワリ 

広告を非表示にする