読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプラッシュマリンの香り

 

最近は、自分が自分の人生を生きていない感があって。どこか俯瞰しているというか、真剣じゃない。他人事みたいに思ってる。

小説の読みすぎか、はたまた妄想のしすぎか、はたまたいろんなことがありすぎたからか、はたまた成長しているからなのかその原因はいまだ不明ですが。

不意に思ったことでも、その後に「あ、小説みたいだ」って考えてしまう。

歌詞の、文字の中に自分がいて、自分がドラマの主人公になっているような感覚。そんなたいそうなものじゃないけど、でも考えちゃう。これって現実逃避の一種なんでせうか。現実逃避だな。完全に。明日模試なのにこんな事つらつら書いてる時点で逃げてるよね。逃げてる。

 

 

 

 

 

依存しない人間になりたいって思ってたけど、何かに依存しないとやってけないんだよなあ。たぶん。その程度が違ったり、頻度がちがったりするだけで。

周りの人とうまくやっていくことに依存できてる人(カップルじゃなくてほんとに生活が充実してる人)はうらやましいよなあ。それが周りの憧れになって正義なんだもの。

若い担任の先生も 駅でよく見るОLさんも きっと、何かしらに依存してる

それは悪いことじゃない。と、思うけどちがうのかな

 

 

 

また、模試が終わってからゆっくりブログ書こうっと

 

 

はじまり 煙草も お香も エルレも わたしのみの周りにはないけれど いつでも今を生きようとしていた その気持ちだけは一緒だったんじゃないかなって思う 学校からも 先生からも 友達からも そんな欲が ふつふつ 昨日は大事なことを話した