換気

いろんな人をバカにしていたら、自分が空っぽだということしか分からなくなったし、

私も人に馬鹿にされたくないので、人のことを馬鹿にするのはやめます

 

 

 

 

 

酷い雨が上がって
セミとカエルが鳴いていた これは梅雨と夏!

 

 

制服を着なくなった分、季節の変わり目というか、気候も季節も少しだけ気にするようになり

 

 

毎日が楽しいと言えていた日々は過ぎてしまって最近はものすごく苦しくなっていたなぁと

 

 

とりあえず
1日が終わるのが早い
楽しい時は早く過ぎるなんていうけれど、今の私は逆で
1日が早く感じるのは適当に過ごしているからだと

 

 


心を入れ直すべき
3月の意志は4ヶ月もしたらふにゃふにゃ徐々に萎んでいくので、ここで空気を入れ替えよう

 

 

 

 

 

 

この間、耳より上の位置でポニーテールをした
ピンをしても襟足の髪の毛がボロボロ落ちてきて

 

 

髪の毛も成績も、高いところでくくったり高いところを目指すには
ちゃんと事前に十分なところまで伸ばしておかないといけないんだなぁと思った

 

 

 

 

 


勉強をしている。ちゃんと。

知ったら知らなかった時の自分に戻れないのと同じで
勉強を本気でしているとほんとに勉強をしていなかった昔の自分はもう思い出せないし、むしろ思い出そうとしたら昔の自分の情けなさに吐き気が止まらない(割と本気で)

 

 

これとおなじで、きっと忘れていくんだなぁと思いました。7年、4年前のあの人を1年前のあの人を

 

 

 

つって!文学っぽい。

 

 

 

 

 


Twitterで好きなアイドルグループのあるメンバーのアンチ垢を見つけてダラダラ見ながらした徹夜

 

 

ダラダラ見てしまったのは、自分の中にどこか共感した部分があるからなのかもしれない

 


とりあえず今は離れる時期だと思った 嫌いになるとかそういう訳じゃくて

 

 

 

 

 


しゃべくりで松岡茉優さんが鞘師の卒業ライブを
「悪いところがあったら直すから、お願いだからまだ居て」と、別れを告げられた男の子のように思いながら見てた

 

 

って言うの聞いてもう絶妙過ぎてやっぱり松岡ちゃん好きだと思ったほんとに、例えが、わかり易すぎて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ・∞・ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ここ最近物凄いブログ書きてぇ!とか思ってたけどやっぱり書いたら書いたで結局大したことはね、書けなくて 

全部私の心の中にあるんだな〜これが だからな〜まとまりのないブログなんだよな〜ホントの私の実力なんてのはな〜まだまだ依然としてここじゃ発揮されてないんだよな〜 でも模試で出来ないことは本番でも出来ないらしいからな〜 ブログも本気で書くかな〜 あれ〜でもブログの本番ってどこなんだ〜 とりあえずわかんないな〜おやすみ〜

 

 

 

 

まあ何が言いたかったかなんてそんなもんはないのだけれど

 

 

 

 

これからは毎日毎日、勉強も、その他のことも「もう限界!」の1歩先まで頑張ろうと思った というか頑張る

よし。また夏休み後の成長した自分に会おう
ん!がんばれ!

 

とりとりとりあえずまけない 自分に負けない

広告を非表示にする

あげなおし

いてほしい人がいない時のもやもやした気持ちはなんとも言えなくて
とりあえず明日から通常運転する

寝ないとダメだな、ほんとに。先週1週間は体が持たなかった。明日からは何よりも睡眠を優先させる

何ていうの、ほんとに勉強以外の何かをしたら常に罪悪感を感じるくらいでいいんだって思った
漢文の先生が「円形脱毛症になるくらい頑張ってよ」ってさらりと言っていたけれどいやほんとそのくらいやんないとなって思ったよね、円形脱毛症になるくらいやって初めて本気だって言えるんだもんね、うんうん。





昨日書きたかったことは今ではもう古いし、その時その時に言葉にしないともう過去のものになるんんだなあ、つって

勇気を出したあの日も、勇気を出せなかったあの日も
私の思考回路の1面はものすっごい単純だから 情けないくらい
だからなぁ、とりあえず早いうちに声をかけなければいけないよ〜プラマイゼロにしなくちゃ






この間の授業で、井上ひさしの『汚点』を読んだ

もし私の親や妹が本気で苦しんでいたら私は何かを犠牲にしてでも救ってやらないと!って思えるのだろうか
もし私の隣で親や妹が誰かに殺されたりしたら私はすぐ殺した人を刺し返したりするのだろうか
って

もしかしたらこれからの将来、私の手で誰かの命を奪ったりすることが起こりうるのかもしれないなって思った。
そう考えたら怖くなった。なんてよく見かける言葉だけれど、今の私でいれる保証はどこにもないから



なんかブログに殺すとか死ぬとかっていうワードが多すぎてちょっとヤバイやつって思われそうだな? いや、ほんとにそういうんじゃないのでね、あの、普通に生きてますから、普通に飯食って風呂入って寝てますから。安心してください



でもさーまだまだなんだよー足りないんだよー


この間まで予備校のわたしの前の席に座っていた女の子は、遅刻が多いし、眼鏡だし、顔もでかくて(失礼だけど)そんなに可愛くないのにたまに爪だけは真っピンクな事があって、言葉を選ばなければ異質。最近は遅れてきてすみませんも言わずに入ってくる。
(最近はそうでもないんだけれど)

だからすごく腹が立っていた
外見とかそういうんじゃなくて、心が身なりとか行動に表れているというか、多分そういうこと




でもその子を見ているとわたしなんだよな、
自分と似て非なるものに腹がたつと常々書いているけれど、この子は多分わたしなんだよなあ高校のころの。
あの子の姿を見るたびにこんな風には絶対もう戻らないぞ、って思う

坂口安吾の『堕落論』の説明で
「過去の人から堕落していると思われてもいいが、今は過去の価値観から脱却した生き方をしなければならない、ってことを書いた本だよ」なんて先生が説明してくれて、あ〜なるほどなって思ったし、

小論文のテキストをパラパラ読んでいると、高橋源一郎の『死者と生きる未来』が目に留まって

 

慰霊とは、過去を振り返り、亡くなった人びとを思い浮かべて追悼することではなく、彼らの視線を感じることではないだろうか。そして、その視線に気がつかなくとも、彼らは、わたしたちを批判することはないだろう。「過去」はいたるところにあり、見返りを求めることなく、わたしたちを優しく、抱きとめつづけているのである。

 

てのを見てもう、はーーーー!って感じ!はーーーー!なるほどーーーーー!って

過去の自分のおかげでいまのわたしがあるというよりかは、過去の私の視線の先にいまのわたしがあるのだと思った

今の私は過去のわたしが想像していた自分になれているのか??



過去の自分を認めてあげて、だとか、今の自分は今までの自分のお陰なのよ、だとかすごく素敵な言葉なのだけどな



今の私は、過去の自分を否定することで進めるのならそれでもいいから

ストイックになるとか考えてた私はどこに行ったんだ 決意は揺らぐんだ 自分で育てていかないとダメなんだ




む!

広告を非表示にする

ちょっと良くわからない

素晴らしいものや美しいものに沢山出会う分現実が苦しくなるわけ 綺麗な世界を描くドラマを見ていたら「過払い金が戻ってくかもしれません」って言っているCMが流れてくるのを見るような、そんな感じ

 

どっちかが上手く行けばどっちかが上手くいかない この野郎マジで 無駄な時間ばっかり過ごす もう一週間

 

 

 


もし叶うのなら、そこら中を叫び倒して走り回って、飛んでる蛾を握り潰して、誰かひとり刺し殺してみたいとかそういうバカみたいなことは言わないからさ、ね、分かってよ え?なに?変な目で見ないでよ

 

 

女の子の日とその前後はほんとに心の底からこの世に存在する万物すべてに対して『死んでくれ』という念を抱かずにおれない。『頼むから死んでくれ』そう思いながら泣く。ひたすら泣く。自転車を漕ぎながら泣く。お風呂に入りながら泣く。布団の中でも泣く。
ほんとに死んでほしい訳ではない。もし周りの人が私の『死ね』の一言で本当に死んだら死んだでまた泣く。私のせいだと責任を感じて泣く。嗚呼、オメェ普通に人間なんだからよ。普通すぎて悲しくなるな

親も妹も友達も駅にいる人も隣に座った人もたとえ大好きな人でも頭をよぎるのは『死ね』の二文字 なんかここまで書くとほんとにサイコ感満載


ここ最近何度も何度も言っている事なんだけれども、過去の自分とそれに似て非なる輩にも心底腹が立つし心底この世から消えてくれと思っています わぁ、こころがせまい
視界に入るな受け入れられない受付拒否 はーい診療時間終了でーす
ていうか自分に対して一番腹が立っているってことになるな、そうしたら

 

 

クソメンヘラな自分からは脱却したはずだったのに時折こうやって出てくるし、変われたなんて思ってた時点でクソだったと思う

 

相手に
少し負けたかな?くらいだったら遥かに負けてて
少し勝てたかな?くらいだったら同等で
完全勝利だなんて言えるのはもう遥かに相手をつきはなした時。マラソンなら先頭に立って 2番手が2kmくらい後ろにいて姿が見えないくらい。そのくらいだ

 

 

 

じゃあ突き放すしかなくない?

 

 

 

 

 

私はお前がグジグジ言ってるレベルの悩みなんかとっくに通り越したはずなのに
だからよ、グジグジ言ってるお前を見たら腹が立つんだよ 自分を見てるみたいでよ なさけねぇ

帰ってこなければよかったのになぁとも思う。帰ってこなければ毎日生活に責任もって過ごし続けられたのにとか考えるのは親不孝者ですね、ごめんなさい
普通の家族団欒が分からない 普通に親と仲が良くてありがとうごめんね手伝うよなんてのがさらっと言える雰囲気のある家庭なんてのは

 

 

 


意味の無い勘違いなんてムダだってば


兎角余裕が無い