淡い色の

真剣になっても深刻になりすぎないように。

 

 

 

プリンの顔文字が可愛いなぁと思って最近頻繁に使っていたら、プリンに関する良くないことを偶然知ってしまった。まさしくこれが引き寄せの法則、負のバージョン。

見ていないようで見られているのは現実でもSNSでも同じみたいですね(ニッコリ)

 

 

 

あいつイタいよね、という言葉だけでその人の全てを決めつけないでほしい。イタい、というものだけでその人の全ては構成されていないので。
でも自分から「私痛い子なの」と周りに言うのも、そう判断されることを誘発してしまうので自虐ネタも程々に。自虐ネタをしなくても楽しく話せる人と私は仲良くしたい。

 

 

 

直感、感覚とかそういうのを信じよう。

すごい知識を持ってたりすごい地位にいたりすごい経歴を持ってたりすごい頭がいい人とかこの世にたくさんいるけど

そういう人でも
直感でこいつ無理って思う人っているよね
言葉の端からこいつとはやってけないって感じる人っているよね
どうしても好きになれない人っているよね

今の私にいないと言ったら嘘になるかなぁという感じ。仲いいようなフリをしても心の底は、、、っていうのも無きにしもあらずで

 

 

 

 

 

とりあえず明日早起きができますように。明後日はもう卒業してしまう。

広告を非表示にする

シュウクリイム

【人と人をつなぐ場所を提供したい】と言ってる人とかを見ると専ら「んん?」と思ったり思わなかったり
いや、失礼。いやいや失態。素敵だなぁと思うけど疑問符が浮かぶ。本意はこういうこと。 昔の私みたいだということ。

 

それだけ。

 

 

 

 


観光をしに来た訳では無いのに、普段行かないような駅に居ると、周りの観光客とか見たことない景色とかそういう外的環境と自分の気持ちが一体化してしまう

 

何が言いたいかって、無駄なものを買ってしまうということ。腹一杯なのにお菓子とジュースを買ってしまうということ。クソ。太るしお金はなくなるしいいことまるでないのになあ。飲み食いしながらクソ、と思う。ブレない心と金銭感覚が欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pencil_dog:20170225205516j:image

写真じゃ開放感は伝わらない。
写真は真実なんかうつさない。
でも撮ってしまうのは思い出を忘れたくないから。当たり前だけど。

 

もう今は誰でもスマホを使えばプロみたいな写真が撮れる時代になってて、果たしてそれはいいことなのか悪いことなのか。
どちらも悪くない時もあればどちらも悪い時もあるので、まったく。そういうものだと思おう。
インスタのいいねの数を見て落ち込むとかそういうの。惰性でのいいねはいらない 心の底からいいねと思うものだけに私は心を込めていいねをしてあげたいのであっていいねの数が少なくて悩むのはナンセンスだ スマホの中の世界に現実世界が縛られるのはあまりに勿体ない。誰かに言ってる訳じゃなくて自分に言ってる。勿体ないぞ。オイ。飛べ。

 

 

 

 

 

電車で隣に座った観光帰りのお姉さん。
ウトウトしてこちらに幾度となく寄りかかってきた。不快じゃなかったと言えば嘘。

 

人のふり見てなんとやら。

 

乗り換えをしたら前の席にカップルか親子かわからない年齢差の男女2人組。パーティーの帰りなのかわからないけど全身真っ黒でアクセも安っぽい女が、だらしない。お世辞にも痩せているとは言えない姿で、横に立っている男に甘ったるい声で話した後足を広げて寝る。見苦しい。

 

なんとかかんとかで我がふり直せ

 


電車で
独り言がうるさかったり、鼻息が荒かったり、声に出して溜息をついたり、舌打ちばかりしているようなジジイはなんなの?鬱陶しくて堪らんのだけど、無意識なのかな?もうそのくらいの年齢になったら無意識で溜息も周りに聞こえるようにしちゃうのかな?はっきり言うと気持ちが悪いです。でももしかしたらその人にもその人なりの事情があるのかもしれないから一方的に愚痴るのも程々にしておく

 

 


とりあえず窪田正孝のカレンダーが出るのでドキドキがムネムネって感じです。卓上版とポスター版があるらしく両方買いたい。好き。多分一生一番。

広告を非表示にする

閃輝暗点とか文字面だけはかっこいい

登校日は具合が悪くなる体質なのか知らんけど、朝の電車で眩暈がして倒れそうになった。というか半分倒れた。もう、死ぬかと思った足の痛み吐き気息苦しさ耳籠り閃輝暗点のオンパレード。

 

 

明日電車に乗るのが怖いSNSなんか見たくはないとりあえずしね!!!!!!

とかいうけど生きる。

 

 

私より大変な人がいるのだから、生きる。生きるしかない。どうか、いつの日か、誰か、抱きしめてください。